FC2ブログ
TOP > 中村俊輔(プロサッカー選手)
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「察知力」中村俊輔、幻冬社新書 

2009年04月04日 ()
「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書)

中村俊輔選手のサッカー人生を支えてきた哲学が、自身の言葉で素直にわかりやすく語られています。

アスリートの単なるエッセイではなく、ビジネス書、自己啓発書としても読める優れた内容の本です。

元・横浜マリノス、レッジーナ(イタリア・セリエA)、そして今はセルティック(スコットランドリーグ)で活躍するサッカーの中村俊輔選手。

「察知力」という言葉自体は聞きなれないが、広い意味での「空気を読む力」、「洞察力」といったところでしょうか。

中村選手はその「察知力」について、「人が成長するためには欠かせない力」と言っています。

幼稚園の頃から始めたというサッカー。そして今や、世界のトップレベルまでのぼりつめた。

その、過酷なプロの世界で、体格的に恵まれているとはいえいない中村選手が、なぜ活躍し続けられるのか?

この本を読むと、よーくわかります。

「察知力」をいかに鍛えるか?いかに気づくか?いかに考えるか?にかかっているのです。

一流のアスリートというと、肉体面、技術面、プレッシャーに対する精神面などが優れているのは当然。

しかしそれだけでは、トップレベルのなかで長い期間生き残っていくのは困難です。

監督との関わり、チームメイトとの関わり、ファンとの関わり、様々な環境との関わりにつについて、現在そして未来のことを、過去の経験から「察知」して、足りないものに気づき、考え、準備することが重要だといいます。

中村選手の哲学は、組織のなかでの活躍しなければいけないビジネスパーソンにも得るものが大きいものです。

  • 自分を成長させたい人。
  • 壁にぶつかってもがいている人。
  • 新しい世界に出ようとしている人。

に、おすすめの一冊。

口語調で書かれていてすらすらとても読みやすいのですが、中身は非常に濃いです。

何度も読み直したい一冊!

「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書)

ご来訪ありがとうございます。応援よろしくお願いします。→本ブログ 書評・レビュー にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 



<<この本の血肉にしたい言葉>>

★細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。P28

★察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力P35

★書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。P39

★「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。P41

★壁から逃げなければ、得るものが大きい。P82


<<関連リンク>>

★Amazonで中村俊輔選手の商品を見る
★人気ブログランキングで書評サイトを見る→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 書評・レビューを見る→ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト
[2009.04.04(Sat) 14:35] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


中村俊輔「察知力」>>他人を妬んでいる人は伸びない 

2009年03月16日 ()
<<今日の血肉にしたい言葉>>

他人を妬んでいる人は伸びない。自分の足りない部分を分析せずに、他人を妬んでいても意味がないのだ。

  「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書) P152 より引用

<<ごーやちゃんのコメント>>

妬んだり、怨んだり、羨んだり、というのは何の得にもならないことはみなよく承知しているはずです。

それでも、やってしまう。これをやると自分が正当化できたような気がしてしまい、ある意味心地良いのかもしれません。

でもこれは、自分の足りないところに目を塞ぎ、やるべきこと、進むべきことを放棄してしまっていることに他なりません。

中村選手は、他人を妬むのではなく、自分と違うタイプの選手から自分にないものを学ぶ、レベルの高いサッカー選手から何でも盗む、という意識で常に自分の実力を向上させようとしているそうです。

トップレベルにあっても、自分の足りないところをつねに意識し、学ぶという姿勢が中村選手の活躍を支えているのでしょう。

 
<<この本の血肉にしたい言葉集>>

★細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。P28

★「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。P41

★壁から逃げなければ、得るものが大きい。P82

★察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力P35

★書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。P39


<<関連リンク>>

★Amazonで中村俊輔選手の商品を見る

★人気ブログランキングで書評サイトを見る→ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 書評・レビューを見る→ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

[2009.03.16(Mon) 22:39] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


中村俊輔「察知力」>>書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。 

2009年03月13日 ()
<<今日の血肉にしたい言葉>>
 書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。 それを繰り返すうちに、自分のことを客観的に見つめることができるようにもなった。
  「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書) P39 より引用

<<ごーやちゃんのコメント>>
 中村選手は、高校生の時にサッカー部のメンタルトレーナーの先生から勧められ、「サッカーノート」を書くようになったそうです。今でもつづけているといいます。
 試合の感想、反省、その他サッカーについて考えたことなどいろいろなことを書き綴っていて、折に触れてこれを読み返す。このことが中村選手自身を「作った」とも言います。
 うまくいったこと、いかなかったこと、悩んだこと、考えたことのすべての過程が書かれているのでしょう。確かにこれは大きな財産に違いないと思います。
 しかし、なかなか続けられるものではないですよね。  一流の選手というのは、肉体のトレーニングだけでなく、こういうメンタル面においても地道な努力を重ねているのですね。
 
<<この本の血肉にしたい言葉集>>
★細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。P28
★「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。P41
★壁から逃げなければ、得るものが大きい。P82
★察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力P35

<<関連リンク>>
★Amazonで中村俊輔選手の商品を見る
★人気ブログランキングで書評サイトを見る→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 書評・レビューを見る→ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

[2009.03.13(Fri) 15:42] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


中村俊輔「察知力」>>細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。 

2009年02月16日 ()
<<今日の血肉にしたい言葉>>
 細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。何も考えずにサッカーをやっていても巧くはならない。そして、海外のサッカーをたくさん見たとしても巧くはならない。同じ映像を見ながら、なにを察知し、感じ、自分のものにするかということが大事だと思う。
  「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書) P28 より引用

<<ごーやちゃんのコメント>>
 成長する人とそうでない人の違い。
 同じ経験から何を得て、何を実行できるか。頭をどれだけ稼動させ、心にどれだけ焼き付けることができるかなのでしょう。  
<<この本の血肉にしたい言葉集>>
★「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。P41
★壁から逃げなければ、得るものが大きい。P82
★察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力P35
★書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。P39

<<関連リンク>>
★Amazonで中村俊輔選手の商品を見る
★人気ブログランキングで書評サイトを見る→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 書評・レビューを見る→ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

[2009.02.16(Mon) 10:00] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


中村俊輔「察知力」>>「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。 

2009年02月15日 ()
<<今日の血肉にしたい言葉>>
 何かを成し遂げるためには、それがどんなに小さなことであっても、順序というか、プロセスがあるものだと思う。「プロセス」を構築していく作業が重要であり、それを軽んじたまま目標を達成したとしても、それはドロの土台に家を建てるようなもの。ちょっとした衝撃で簡単に崩れてしまいかねない。
 太い幹を持つ樹の根は、しっかりと土の中に広がっているもの。そうそういう樹は成長するのに時間がかかったとしても、将来的にはたくさんの果実を育むだろうし、どんな障害にも打ち勝つ力が備わっている。   「察知力」中村俊輔 (幻冬舎新書) P41 より引用

<<ごーやちゃんのコメント>>
 ついつい目先の成果に気をとられてしまいます。特に変化の激しい社会環境においてはなおさら。でもプロセスをきちんと見据えていないと、その成果は一時的なものや見せかけで終わってしまうものです。  
<<この本の血肉にしたい言葉集>>
★細かいことを感じるか、感じないか、考えるか、考えないかで、人の成長は違ってくる。P28
★壁から逃げなければ、得るものが大きい。P82
★察知力というのは、人が成長するためには欠かせない力P35
★書くという作業をすることで、自分の気持ちや考えを整理できる。P39

<<関連リンク>>
★Amazonで中村俊輔選手の商品を見る
★人気ブログランキングで書評サイトを見る→ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 書評・レビューを見る→ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 強調文

[2009.02.15(Sun) 16:22] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

来訪者数

カテゴリー

著者別

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

RSSリンク

他の書評サイト

リンク

読書生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。