TOP > CATEGORY > 脳/心理
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


茂木健一郎「ひらめきの導火線」>>セレンディピティは、鍛えることのできる能力なのである。 

2009年04月07日 ()
「ひらめきの導火線」茂木健一郎 (PHP新書) から2回目の血肉にしたい言葉の紹介です。



<<今日の血肉にしたい言葉>>

偶然の出来事自体はコントロールすることはできない。 しかし、偶然の出会いを活かすよう心がけることはできる。 セレンディピティは、鍛えることのできる能力なのである。

まずは、行動を起こすことが肝心である。 ただ待っているだけでは幸運は訪れない。 できない言い訳を並べる暇があるのなら、ともかくやってみる。

「ひらめきの導火線」茂木健一郎 (PHP新書) P20より

<<ごーやちゃんのコメント>>

これを読みながら、最近のいろいろな出来事を振り返って見ました。

やり過ごしてしまった何気ない出来事、ちょっと気にはなったが面倒なので放って置いた出来事。

活かすよう心がけていれば、「何かが変わったかもしれない」と思える出来事が結構あります。

今思い出せたものは、もったいないのですぐに活かせるような努力をしようと思います。

これから起こる偶然の出来事、出会いは無駄にならないようにしようと思います。

セレンディピティの能力を鍛えよう!!

ご来訪ありがとうございます。応援よろしくお願いします。→本ブログ 書評・レビュー にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

にほんブログ村 ビジネス書にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

<<この本の血肉にしたい言葉>>

★台風が来る前、妙にワクワクした経験はないだろうか。P134
スポンサーサイト
[2009.04.07(Tue) 11:10] 脳/心理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


苫米地英人「苫米地式コーチング」>>人間は知れば知るほど、学べば学ぶほど、気がつかないことが出てくるものです。 

2009年03月05日 ()

<<血肉にしたい言葉>>
 スコトーマ(注)に気づくことは非常に大切なことです。人間は知れば知るほど、学べば学ぶほど、気がつかないことが出てくるものです。そしてその呪縛にとらわれてしまい、あなたの中に眠っている能力を活かすことができなくなっているのです。
・・・(中略)・・・
常識の中に横たわっているスコトーマに気がついたとき、人間は大きく飛躍することができるのです。苫米地式コーチングP46  (注:スコトーマ=盲点)



<<ごーやちゃんのコメント>>
 経験を積み、知識を得るほど、見えなくなるものも増えてくる。
そうなったときに、「見えなくなったもの」、「気づかなくなったこと」があることを常に認識しておくことがとても大事。
 そしてそれが何なのか、常に心に留め、気を向け、探求する気持ちが重要。
 それでも、「何が見えていないのか?」「何に気づいていないのか?」を知るのは容易ではないと思います。それがわかったときに飛躍が訪れるということなのでしょう。

 Amazonで苫米地英人氏の他の本を見る→ 苫米地英人氏の本

にほんブログ村で書評サイトを見る→  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  たくさんの書評サイトがあります。

[2009.03.05(Thu) 00:09] 脳/心理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


苫米地英人「夢をかなえる洗脳力」>>ありもしない架空の自分と競争しても勝ち目はありません。 

2009年02月28日 ()

・・・(中略)・・・ありもしない架空の自分と比較して、「あれが足りない」「これが足りない」と考えてしまっているからです。ありもしない架空の自分と競争しても勝ち目はありません。必ず、架空の自分の方が勝っているからです。



これを読んで「はっと」気づかされた思いです。理想の自分=架空の自分と比べて足りないものに悩んでもまったく意味がないのです。

Amazonで苫米地英人氏の他の本を見たい方はこちら → 苫米地英人氏の本


こちらもどうぞ→  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  たくさんの書評サイトがあります。
[2009.02.28(Sat) 16:21] 脳/心理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


茂木健一郎「ひらめきの導火線」>>台風が来る前、妙にワクワクした経験はないだろうか。 

2009年02月22日 ()
台風が来る前、妙にワクワクした経験はないだろうか。実際には緊迫した状況なのだが、だからといって「台風が来る、どうしよう、どうしよう、怖い、不安だ」と縮こまっていたら、迅速な対応などできない。ワクワクするのは、脳が緊張し、集中し、突発時に備えている状態だ。脳がもっとも活性化している状態ともいえる。
ひらめきの導火線 (PHP新書)P134



自分だけではなかったのか・・・。「台風」、「雷」、不謹慎だと思いながらも、なぜだかワクワクする気持ちが起きてきます。

やっとはっきりしました。これは脳の特性だったのですね。

仕事でも、トラブルが起きたとき、忙しくてどうしようもないときのほうが気持ちは張り切っていたりします。

トラブル、逆境は脳を活性化させ、普段以上の力が発揮できるのかもしれません。この積み重ねが人を強くするのでしょう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[2009.02.22(Sun) 01:45] 脳/心理Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

来訪者数

カテゴリー

著者別

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

RSSリンク

他の書評サイト

リンク

読書生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。