FC2ブログ
TOP > CATEGORY > 勉強/読書/整理/時間/ノート/メモ/ハックス/ハウツー
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


小飼弾の「仕組み」進化論>>80%を新しい仕組み作りに当てる 

2009年04月05日 ()


<<今日の血肉にしたいことば>>

”本当の”20%ルールとは、既存の仕組みを回す仕事を勤務時間の20%で終わらせ、80%を新しい仕組み作りに当てるというものです。

現在は、新しい仕組みが見つかる確率が格段に上がっています。既存の仕組みを回す仕事に労力のほとんどを費やしていては、新しい仕組みが登場したときに生き残れないのです。

小飼弾の 「仕組み」進化論 P22より

<<ごーやちゃんのコメント>>

著者は、勤務時間の20%を自分の好きなプロジェクトに費やすというグーグル社の20%ルールを引き合いに出し、これでも全く不十分といいます。

20%の時間でまずは利益を上げられる状態をつくり、残りの80%の時間は将来生き残るための新しい仕組みつくりい費やせというのです。

この時間配分のバランスはかなり極端にも聞こえますが、重要なことを教えてくれました。

確かに、新しい技術の進歩、社会環境の変化がめまぐるしいスピードで起こっています。
そしてそのスピードはますます速くなる一方です。
10年前には存在しなかったビジネスが隆盛を極めています。

このような状況では、既存の仕組みの寿命というのは非常に短いというのは私も実感します。

寿命を迎えてから、新しい仕組みを考えていては間に合いません。既存の仕組みがうまく行っているうちに、将来の新しい仕組みを考えておくのです。
そしてそのための時間の方に、大きな比率を置かなければいけないのです。

この話、はじめは自分の会社の仕事、業務に当てはめて読み進めていましたが、実はもっと大事な視点があることに気づきました。

サラリーマンなら、自分の人生全体の時間という視点で考えるべきでしょう。
つまり自分の人生における、会社のために使う(目先の生活費を稼ぐ)時間と、それ以外の時間(将来のための自己研鑽、家族との時間など)のバランスです。

終身雇用が当たり前だった時代は、「今」会社のために100%がんばっていれば自分の将来にもつながっていました。
それが家族の幸せにもつながりました。

しかし、今や会社の寿命、事業の寿命が一人の労働寿命より短いのが当たり前になってきました。
会社や、事業の方が先に終わってしまう可能性が高い時代なのです。
この傾向はますます拍車がかかるでしょう。

つまり会社のために100%の力を注いでしまうと、変化がおきたときには完全に生き残れなくなるのです。

20%対80%が適切かはわかりませんが、後者の比率を高めなければいけないのは確かでしょう。

ご来訪ありがとうございます。応援よろしくお願いします。→本ブログ 書評・レビュー にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

スポンサーサイト
[2009.04.05(Sun) 16:38] 勉強/読書/整理/時間/ノート/メモ/ハックス/ハウツーTrackback(1) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


藤井孝一「お金を稼ぐ!勉強法」>>投資である以上、何がなんでもそれを「回収」しなければなりません。 

2009年02月28日 ()

・・・(中略)・・・しかしビジネスマンの勉強は、時間という貴重な資源を投じて行う投資です。投資である以上、何がなんでもそれを「回収」しなければなりません。そしていったん元手を回収すれば、あとは利益を生むだけとなります。稼ぎ方ひとつでリターンは無限大になるのです。




「勉強」「読書」自分は努力している、良いことをしているんだという自己満足に陥り、「成果」に目を向けることを忘れがち。
時間もお金も費やしているのだから、その「投資」の効果をきちんと「回収」する意識を持たないといけません。


Amazonで藤井孝一氏の他の本を見たい方はこちら → 藤井孝一氏の本



こちらもどうぞ→  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  たくさんの書評サイトがあります。
[2009.02.28(Sat) 17:15] 勉強/読書/整理/時間/ノート/メモ/ハックス/ハウツーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


本田直之「レバレッジ時間術」>>「言い訳」は、単にみっともないだけでなく、何の解決にもつながりません。 

2009年02月22日 ()
「言い訳」は、単にみっともないだけでなく、何の解決にもつながりません。物事がうまくいかない原因を他人のせいにしているかぎり、自分を変える力は決してつきません。言い訳するのがクセになってしまうと、結局、状況だけがどんどん悪化し、ますます他者への恨みつらみが募ってくるという悪循環に陥ります。
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)P191


歳をとるにつれて、言い訳が上手になります。言い訳が上手なひとが出世しているような気もします。

でも、出世する人の言い訳をよく聞くと、人を納得させるための言い訳で、物事を解決する方向に導くものです。

自分を納得させるための言い訳は、先々において自分が損する方向に進むだけです。
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

[2009.02.22(Sun) 23:47] 勉強/読書/整理/時間/ノート/メモ/ハックス/ハウツーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


田渕隆茂「ありえない稼ぎ方。」>>質よりも量勝負で前に進む。 

2009年02月17日 ()
 最初は質は問いません。質よりも量勝負で前に進む。量をこなすことでわかることはたくさんあります。量をこなすことに集中すると、結果的に質も高くなっていくものなのです。ありえない稼ぎ方。田渕隆茂・・・P28




質を問う、つまり完璧を目指すと前に進めない。
人生、ビジネス、日常でも完璧を目指すあまり、結果何も進まないまま時間のみが経過すること多し。
もちろん完璧が重要なこともあるが・・・。
質を気にして前に進めないよりはどんどん進もう。
量は質に転化する。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[2009.02.17(Tue) 12:00] 勉強/読書/整理/時間/ノート/メモ/ハックス/ハウツーTrackback(0) | Comment(-)
↑TOPへ


TOP

来訪者数

カテゴリー

著者別

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

RSSリンク

他の書評サイト

リンク

読書生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。