FC2ブログ
TOP > 勝間和代「断る力」>>断るという選択肢を無視することは、思考停止状態
 ← 苫米地英人「苫米地式コーチング」>>人間は知れば知るほど、学べば学ぶほど、気がつかないことが出てくるものです。 | TOP | 藤井孝一「お金を稼ぐ!勉強法」>>投資である以上、何がなんでもそれを「回収」しなければなりません。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


勝間和代「断る力」>>断るという選択肢を無視することは、思考停止状態 

2009年03月03日 ()

<<今日の血肉にしたい言葉>>
・・・受身の姿勢では、断るための材料すら、判断して、考えて、用意することもできないのです。すなわち、断るという選択肢を無視することは、思考停止状態
と置き換えてもいいでしょう。

「断る力」勝間和代 (文春新書)
P32より引用



<<ごーやちゃんのコメント>>
質問せず、反論せず、言われたとおりにする、というのは脳みそにとっては非常に楽なことです。



質問するためには、相手の言っていることを分析しないといけません。断るためには、その理由を相手の納得いくように説明しなければいけません。どちらも、思考力のいることで、脳みそにとっては重労働です。



しかし、あえてこの重労働をしなくても、その場は済んでしまうことも多いのです。その場はやり過ごすことができるので、それに慣れて思考停止状態が常態化します。



長い目でみると自分が本当にしなければいけないことをできず、進まなければいけない方向を見失ってしまうことになるのです。





★断るという選択肢を無視することは、思考停止状態




★意図的に「空気が読めない」ふりをして話を切り換える




★・・・とにかく、「断ること」、これにつきる




★相手の要請を断るときこそ、相手の立場を考え・・・




<<関連リンク>>

★Amazonで勝間和代氏の他の本を見る

★にほんブログ村で書評サイトを見る→にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

[2009.03.03(Tue) 00:31] 仕事/人間関係/人生Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 苫米地英人「苫米地式コーチング」>>人間は知れば知るほど、学べば学ぶほど、気がつかないことが出てくるものです。 | TOP | 藤井孝一「お金を稼ぐ!勉強法」>>投資である以上、何がなんでもそれを「回収」しなければなりません。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dokusyo5club.blog53.fc2.com/tb.php/22-924c7daa
 ← 苫米地英人「苫米地式コーチング」>>人間は知れば知るほど、学べば学ぶほど、気がつかないことが出てくるものです。 | TOP | 藤井孝一「お金を稼ぐ!勉強法」>>投資である以上、何がなんでもそれを「回収」しなければなりません。

来訪者数

カテゴリー

著者別

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

RSSリンク

他の書評サイト

リンク

読書生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。